個人ビジネスに必要な「真の自信」の高め方

情報発信ビジネス

こんにちは、まっしゅです。

ビジネスを進めていく上で、ある程度の自信は絶対に必要ですよね。
自信がなかったら、自分のサービスや商品を強気で進められないし、
そもそも自分自身がビジネスを進めていく力も出てきません。

今日は、「自信」についてのお話を一つ。

音声動画も配信しています。
まっしゅのイケボを聞きたい方はこちらからどうぞ!

個人ビジネスに必要なメンタルの高め方

「自信」には二種類ある

まっしゅは、「自信」には二種類あると思っています。
それは、

根拠のある自信

と、

根拠のない自信

です。

世間一般では、「根拠のない自信」って否定されがちですよね?
でもじゃあ、「根拠のある自信」って、本当に自信と呼べるのかな?
と思うんです。

根拠のある自信は、本当に自信?

「根拠のある自信」の根拠って、

「〇〇の資格」
とか、

「〇〇をやった経験」
とか、

ですよね?

 

ということは、その「○○」がなくなったら、
その自信ってなくなっちゃうんですかね?

「自信」=自分を信じる

「自信」って、
読んで字のごとく

自分を信じる

ってことなので、

自分以外の何かを根拠にした自信って、
やっぱり本当の自信じゃないと思うんです。

 

ってことは、
根拠のない自信こそ、本当の自信ってことになりますよね。

根拠のない自信の正体

じゃあ、根拠のない自信の正体ってなんなのかな?
ということを、僕なりに考えてみたんですけど、

さっき自分で否定しといてなんなんですがw
「過去の経験」
だと思ってます。

ただし、明らかにわかっている経験ではなく、
「なんとなく」
の経験です。

「根拠のない自信がある時」ってどんな時?

何か新しいことにチャレンジしようとした時に、
なんとなく「できる」と感じる。
これが「根拠のない自信がある時」ですよね。

この時に、
脳で何が起きているかというと、

過去の経験と、
これからやろうとしていることを
照らし合わせて、
感覚的に「できる!」と判断

してるんですね!

 

何か過去に自分がやった仕事と、
これからやろうとしていることに、
共通点を見出して、
進めていく方法や、
詰まりそうなポイントとその改善案などが、
バーっと頭の中に浮かんで来れば、

「できるんじゃないかな?」

と思えますよね。

 

そこまで具体的じゃなくても、
なんとなくできる気がする時というのは、
過去の経験を脳の奥の方で覚えていて、
無意識的に照らし合わせる作業をしているんです。

根拠のない自信の高め方

ここまで読んでいただいて、
真面目な方は、
「過去の経験が自信に繋がるなら、
経験値が少ない自分は、
もっと経験を積まないと!」
と思いがちなんですが、

まあまあ落ち着いてw

僕は、「経験の量」が問題ではなくて、
脳が「できる」と判断すればいいと思っていて、
ということは、

「過去の経験」

「これからやろうとしていること」

を照らし合わせた時に、
一致すればいいわけですよね!

この、一致させる能力の方を高めていけば、
これまでの経験がそのまま活かしていけるので、
なんでもできる気になってきますよね!!

抽象度をあげる訓練をして、根拠のない自信を手に入れる

もうこれが結論ですが、
「過去の経験」を、
抽象度を上げてストックしておけば、
目の前の事柄にその経験を下ろして対処すればいいので、
なんでもできるような気がしてきますよ!w

それに、ストックされる過去の経験は、
成功した経験だけではなくて、
むしろ「失敗した経験」の方が、
その人の強み・深みになっていくのは
間違いないので、
どんな人のどんな経験も
活かしていけます!

抽象度の上げ下げの訓練については、
以前に書いたこちらのブログでお話ししていますので、
ぜひこちらもお読みください!

まっしゅアップラジオ「抽象と具体って?」
こんにちは、まっしゅです。 今日もリスナーさんからの質問を解説していきます。 奈良県の女性からの質問。 「抽象と具体の往復って、結局どういうことでしょうか?」 という、かなりざっくりな質問ですね。 YouT...

今日は、以上です。