マインドマップとブレインダンプ

生き方

こんにちは、まっしゅです。

膨大な情報に触れている現代人

一人1台以上の携帯端末を持つ時代になって久しく、
このブログもスマホで見ている方が多いと思います。

僕らって、
スマホで本当に色々な情報に触れてますよね。
ニュースもテレビよりネットの方が早いし、
料理のレシピもさっとググれば出てくるし、
マンガもアプリやネットで読めるし、
映画もネットフリックスやアマゾンプライムで見れるし。

今や、ありとあらゆる情報が、
スマホ一つで見れる時代になりました。

一説によれば、
現代人が1日に触れる情報量は、
江戸時代の一年分なのだそうです。

 

まじかw

 

脳は疲れている?

そうなると、
日常的に調べることや考え事なども、
膨大な量の情報になるわけで、
それだけ多くの情報を
脳が扱うことになります。
脳の力はまだまだ未知数とはいえ、
さすがにお疲れ気味になってしまいます。

ただ、クリエイティブなことに脳を使う時は、
ゆとりが必要だと言われています。
お風呂などでリラックスしている時に、
思いがけない発見が閃いたりするというのは、
誰しも少なからず経験があるんじゃないでしょうか。

まっしゅが使っているツール

まっしゅも日頃、
たくさんの情報に触れていますが、
インプットやアウトプットをする時に、
色々なツールを使っています。

その一部をご紹介します。

Evernote

色々な情報をインプットする時に、
メモ代わりに使っているのが、
Evernoteというサービスです。

ごくシンプルなメモとして使っているのですが、
PC・スマホのどこからでも同じ環境にアクセスできるため、
例えばスマホでネットを見ていて、気になる記事があったら、
スマホからEvernoteに保存しておいて、
後からPCでゆっくり見たり、情報をまとめたりできます。

長らく、アウトプットにもEvernoteを使っていたのですが、
頭の中で整理し切れていないことをアウトプットするには、
文字だけでは限界があるんですよね。

マインドマップ

そこで、最近使い始めたのがマインドマップです。

マインドマップ自体は、学生時代に知ったのですが、
何となく使いにくいなと感じていました。
ところが、去年から愛用しているMacbookに、
Simple Mindというマインドマップのアプリを入れてからは、
なんて使いやすいんだ!と感動しています。

人が考え事をする時に、思いついたことに関連することが
次々に浮かんできたりします。
そうなると、
最初に考えていたことが
何だったかわからなくなったりするのですが、
マインドマップで書いていると、
せっかく浮かんだ思考を捨てることなく書き出して、
しかもすぐに元の思考に戻れる
(関連付いているキーワードがすぐそばにあるから
直感的に思い出しやすい)。

ブレインダンプ

そうやっていると、脳の中にあるものを全部出し切るような感覚になります。
この作業を、専門用語で「ブレインダンプ」というそうです。

実際、このブレインダンプをやると、
不意に昔の出来事を思い出したりする、
不思議な感覚を味わうこともよくあります。

 

これからの時代、
過去の経験と新しい情報を組み合わせて
自分の判断をしていかなければならなくなってきます。

そんな深い考え事をする時に、
マインドマップを使ったブレインダンプ、
まじでお勧めです!