洗濯と父

家族

こんにちは、まっしゅです。

昨年から我が家で導入した、
自宅でドライクリーニングの服も洗える
不思議な洗剤。

ビオトープ・ドライ

うちの近所にある
自然派ショップで
妻が見つけてきましたw

洗濯大臣のお仕事

結婚した年に、妻に
洗濯大臣
に任命されているまっしゅは、
衣替えの時期になると
半年活躍してくれたダウンコートたちを
丁寧に洗濯するのが
恒例のお仕事です。

もちろん、
クリーニング店にやってもらう方が
そりゃキレイにはなると思いますが、
自宅で心を込めて
丁寧に洗濯してあげた方が、
洗濯物も家族も
喜んでくれるので。

 

 

 

とか
かっこいいこと言いつつ、
義実家のダウンコートも預かって
洗濯してあげる代わりに、
浮いたクリーニング代として
美味しいとんかつをご馳走になるんですがw

義父との時間

義実家と我が家は、
手作りごはんレッスン・手作りおやつレッスン講師の
妻の影響もあって
味が薄い素材の味を活かした食事が多いんです。

もちろんそのおかげで
健康な身体を維持できているので
感謝しかないのですが、
30年間ジャンクな食べ物で生きてきたので、
たまには刺激的な食事も欲しくなるのが、
人間というもの。

(妻もよく
ポテトチップスとか
チョコパイとか食べてるので
お互い様なんですけどね。
何事もほどほどが良いってことですよw)

義父も割りと
ジャンクな食べ物が好きなので、
ここぞとばかりに義父が
「ダウンジャケットのお礼に
とんかつご馳走するよ!」
と言いながら、
自分も食べたいので、
二人でとんかつを食べにいきますw

19年前に
父を亡くしている自分にとっては、
なんだか穏やかな気分になれるひと時です。

亡父との時間

先週は、
亡き父の19回目の命日でした。

僕のトランペットが大好きだった父のために、
毎年墓参の時にはトランペットを持っていって
墓の前で吹くのが恒例なのですが、


今年はこんなご時世なので
墓参にも行けず。

なかなか追いつけない父の背中を
思い起こしながら、
とんかつ食います。