これからの時代の生き方

生き方

こんにちは、まっしゅです。

 

日本においては、元号が変わって、

「なんか時代が変わる!」

みたいな雰囲気でしたが、

日常はいかがでしょうか?

 

 

 

多分なんも変わってないですよね(笑)

 

 

ところが実は、元号が変わるなんて

些細なことだったと思えるくらいの

大きな時代の変わり目を迎えようとしているんです。

 

 

理由はいろいろありますが、

端的なのは、AIの急成長。

 

ビジネスの世界でも、

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)という、

事務業務の自動化がトレンドになってます。

 

一部では、IoTとAIの区別がついてなくて、

まだまだバズワードに過ぎない感もありますが。

 

 

ともあれ、今まで人間がやっていた仕事が、

徐々にAIに置き換えられていくという流れは、

もう現実のものになってきています。

 

 

そうなると、

「じゃあ人間って何したらいいんだ?」

ということを考えざるを得ない状況に、

もうすぐなるということです。

 

だって、今まで仕事としてきたことは機械がやってくれて、

「あなたは何をしてくれますか?」という会社からの問いに、

「〇〇ができます!」 「それ、AIでできる」

「じ、じゃあ□□ができます!」 「それもAIでやってる」

「・・・」

となってしまうから。

 

そうなると、人間の本質的な生き方が問われてくるということです。

 

 

最近あちこちで「自分の好きなことで生きていこう!」という

メッセージがちらほら見受けられます。

割と安直に言っている人もいるかもしれませんが、

実際、みんな「自分の好きなこと」を仕事に「しなければならない」

時代が来るということです。

 

 

さて、ここで非常に苦しい思いをしなければならない人たちがいます。

それは「社会人としてうまくやっている人たち」です。

 

日本の社会では、「お・も・て・な・し」に代表されるように、

「いかに人に喜んでもらうか」が評価の対象になります。

自分を押し殺してでも相手に合わせることが美徳とされています。

 

そんな生き方をしているうちに、

「自分って何がやりたいんだっけ?」

という状態になってしまうのです。

 

何よりも僕がそうでした。

 

僕は、小さい頃から厳しい親に育てられ、

親の決めたレールに沿って生きてきました。

「親孝行」という素敵な言葉に踊らされ、

父親が残した借金を頑張って返済し、

母親に尽くすことが美しい人生だと信じ込んでました。

 

ところが、結婚を機に自らの人生を振り返った時に、

「あれ、おれって何がやりたいんだっけ?」と思い、

自分のやりたいことを探す作業だけで、2年も費やしてしまいました。

 

僕は、世間から見れば「いい人」に見えるかもしれませんが、

結局は他人軸で生きていただけでした。

おそらく、似たような感覚を持っている方は多いと思います。

 

「自分の人生を、自分の手で進ませる」

 

そんな生き方をしていきたいと思います。