息子のごはん

家族

こんにちは、まっしゅです。

今日は、妻が学生時代の親友たちとお出かけなので、
息子と2人で過ごしています。
日頃ほとんどまっしゅが家にいなくて、
息子のお世話を妻にお願いしっぱなしだったので、
たまには自由に過ごしてもらえればと思っています。

今日はそんな日の
我が家の一コマを一つ。

我が家の朝ごはん

我が家では、朝ごはんはあまり食べず、
なるべく1日2食にしています。

1日3食は食べ過ぎであるという説もあるようですが、
言われてみれば朝起きてすぐって、
そんなにお腹は空いてないんですよね。

なので、「1日◯食」とは決めずに、
お腹が空いたら食べる、
という感じにしています。

休みの日は、
11時くらいになるとお腹が空いてくるので、
朝昼兼用のご飯として食べることが多いです。

今日も、妻が出かけてから掃除や洗濯をしているうちに、
2人ともお腹が空いてきたので、
朝昼ごはんを作ることにしました。

ひまわりどんぶり

息子のリクエストで、「ひまわりどんぶり」を作ることに。

家庭用精米機で無農薬玄米を5分づきにして、
土鍋で炊きます。
10分くらいで炊き上がるので、その間に具の用意をします。
残り物のおかずで、
無農薬のレンコンとにんじんを米ぬかで炒めたものがあったので、
いくつか拾って細かく刻みつつ、
茹でた無添加ウィンナーを小さく輪切りにします。

フライパンで平飼い卵を薄焼き卵にして、
炊けたご飯をお皿の真ん中に盛って、
先ほどの具を乗せて輪切りウィンナーを並べて、
薄焼き卵をキッチンバサミで花びらっぽく切って並べたら、
完成です!

妻が作るほどのクオリティにはなかなか届きませんが、
息子が美味しく食べてくれたのでよしとします。

ジャンケン

4歳半の息子ですが、
家でごはんを食べる時に、
最後まで座って食べることがまずありません。。

大抵、途中でおもちゃに気を取られて
ふらふらと遊びだしてしまい、
戻ってきて一口食べてはまた遊びに行って…を繰り返すので、
ひどい時は食べ始めてから食べ終わるのに
2時間くらいかかったりします。。

急いでる時など、
妻がついついごはんを口に運んでしまうことが多いのですが、
なるべく自分で食べるようになってほしいというのが父親心。

妻と息子の時は、
ごはんの後半になって息子が飽きてくると、
ジャンケンをして妻が負けたら口に運ぶ、
息子が負けたら自分で食べる…というのを、
食べ終わるまで繰り返したりしています。

僕は父親なので、そんなに甘いことはしません!
ジャンケンで僕が負けたら、
スプーンに一口乗せるところまで手伝います。
口に運ぶのは自分でやってもらいます。
息子が負けたら、
スプーンに乗せるところから全部自分でやってもらいます。
(たいして厳しくもないですね)

 

さあいざ勝負!

1回目
息子:パー
まっしゅ:パー
あいこ

2回目
息子:パー
まっしゅ:パー
あいこ

まっしゅ
まっしゅ

所詮は4歳児、ひたすらパーを出すだけか
よし、チョキでサクッと勝ったろ

と思った3回目。

息子:グー
まっしゅ:チョキ

…まんまと負けて、スプーンに乗せてあげました。
4歳児のくせに戦略的なジャンケンをしやがる。誰に似たんだ。

多分妻です。
詳しくはこちらを参照

子どもの負けず嫌い:しりとり編
こんにちは、まっしゅです。 先日、妻の仕事のイベントで名古屋に行ってきました。 車で移動していたのですが、大阪から名古屋は片道2時間半くらい。 iPadに入れていた動画のネタも尽きて(妻はあまり長時間見せない方針)、時...

午後は公園にでも連れて行くことにします。

 

今日は、以上です。

新しい時代を生き抜く“わたしビジネス”無料メール講座 登録はこちら
           
家族 生き方
まっしゅルーム