子どもの負けず嫌い:しりとり編

家族

こんにちは、まっしゅです。

先日、妻の仕事のイベントで名古屋に行ってきました。

ドライブ計画 | まっしゅルーム
こんにちは、まっしゅです。 次の日曜日に、妻が所属する「トリガーハンドアカデミー」という 整体師協会のイベントが名古屋でありまして、 家族で参加することになりました。 ドライブ好きなまっしゅは、長距離移動がある時は、なんとか車移動にしたいんですね。 でも妻は基本的に移動は電車や新幹線派なので、いかにして車移動にさせても...

車で移動していたのですが、大阪から名古屋は片道2時間半くらい。
iPadに入れていた動画のネタも尽きて(妻はあまり長時間見せない方針)、時間を持て余した様子で、後部座席でしりとりが始まりました。

 

負けず嫌いな妻

先に話しておきますが、妻は昔っから負けず嫌いで、どんな手を使ってでも勝ちをもぎ取る性格です。しりとりと言えど、ちゃんと戦略を練ってきます。以前に軽い気持ちでしりとりの勝負を挑んだのですが、あらゆる手を使って勝とうとしてきました。

妻の戦略

しりとりは、
・後ろに「ん」が付いたら負け
・思いつかなくても負け
・一度使った言葉は使ってはダメ
が一般的なルールですよね。

ある程度分別が付く年齢になれば、うっかり「ん」が付く言葉を言っちゃうことはまずないですし、相手を負かすには「思いつかない」状態に追い込むしかないわけです。
そこで妻は、まず何から始まる言葉が少ないかを考えます。その時は「ぱ」にしたようでした。
「ラッパ」「立派」「コンパ」「一派」など、とにかく「ぱ」で終わる言葉で攻めてきます。
僕は適当に思いついた言葉を言っているだけなので、だんだんと追い込まれて、ついには思いつかなくなり、負けました。

(ちなみにマリオカートで勝負した時は、負けそうになった妻は、足で僕をくすぐってプレイ不能にして勝ちました)

こいつも…?

さて、後部座席のしりとりに話を戻します。
さすがの妻も息子相手なので、以前のような戦略を使うこともなく、ほんわかとしりとりをしていました。
4歳の息子は、大人のボキャブラリーに勝てるはずもなく、すぐに詰まってしまいました。
息子ラブな妻は、「〇〇とかもあるね~」とかヒントを出すので、それをさも自分で思いついたように言って、しりとりをつないでいました。
この頃から、「もしかしてこいつも負けず嫌いか…?」と感じていました。

しばらく続いたころ、息子の番になって「ね」から始まる言葉になりました。
さすがに言葉が尽きてきて、妻もヒントを出さずに勝利をおさめようとした頃、息子が発した言葉は、

ヒデ坊
ヒデ坊

「ねごそみそ」

 

…固まるまっしゅと妻。

まっしゅ
まっしゅ

???

そのこ
そのこ

???

初耳な言葉が飛び出しましたね。
一応確認してみることに。

 

まっしゅ
まっしゅ

「なんなん「ねごそみそ」って?」

と聞くと、

ヒデ坊
ヒデ坊

「酒かすと味噌をまぜたやつ!」

とうとう、ありそうな言葉を作り始めましたw

たしかに、妻が色々なところから情報を仕入れて、自分で味噌を作ったりしているので、中には面白い名前の食材はありますが、
まさかそれっぽい名前を作り出すとは。。

性格はやはり妻に似ているようです。。