2020年9月12日 田んぼの様子

家族

こんにちは、まっしゅです。

久々に田んぼプロジェクトに行ってきました。

田んぼの様子

これまで、
散々JT(ジャンボタニシ)に
苦しめられてきましたが、
稲たちがだいぶ大きくなり、
むしろ新しく生えてくる雑草を
JTが食べてくれるので、
田んぼの方は水管理だけという状態になり、
プロジェクトのメンバーだけで十分という期間がしばらくあったため、
今年から参加の僕たちは久しぶりの参加になりました。

少し涼しくなってきたこともあり、
集合時間も7時と結構余裕。
(夏場は6時集合でした笑)

いざ田んぼに行ってみると…

こんなに大きくなってました!!

植えた時はほんの細っこい一本一本だったのが、
成長するにしたがって枝分かれしていくのだとか。
(分けつと言うそうです。)

自然栽培の力強さ

しかも、自然栽培2年目で土にも力があり、
稲と稲の間を通常よりも広めにしているからか、
稲が驚くほど力強く、稲穂の数も多い!

実際、間隔を広く植えることで
植えられる本数はもちろん減るのですが、
それぞれの稲から取れるお米の収穫量は増えるので、
同量とまでは行かないまでも
それほど少なくなるわけではないのだとか。

感無量のまっしゅ笑

田んぼ生活を夢見る

今回僕らがやっている田んぼは、
大体2アールくらいの広さ。
この広さで、大体120kgくらいのお米が収穫できるんだそうです。
一般家庭の一年分弱といったところでしょうかね。

自宅の近くに2アールくらいの田んぼを借りて
忙しい時期は毎日くらい様子を見なければならないものの、
自分の家で食べるお米が育てられたら、
素敵な生活だなーと思いました。

11月の頭くらいに収穫の予定だそうです。
楽しみすぎる!!