税理士なしで決算書類を作成してみた

家族

こんにちは、まっしゅです。

妻名義の会社の決算が7月だったため、
確定申告と法人税などの納付期限は9月末になります。
(決算の2ヶ月後が締め切りなんです)

全てが初めてのことだったので
もう本っ当に大変でした。。

会計ソフトへの入力

まずは、溜まりに溜まったレシートを
会計ソフトに入力していきます。
うちでは、料理教室・おやつ教室をやっていて
しょっちゅう試食用の食材を買ったり、
レシピ研究のためお店での食事をしているので、
レシートの数が半端じゃありません。。

会計freee

うちは
会社立ち上げの時にも使ったfreeeと契約をして
会計freeeを使っています。
スマホのアプリでレシートを撮影すると
予測で勘定科目なども出してくれるので
入力自体はかなり簡単です。

ひたすら入力していきます。

申告書類作成

経理の作業が終わったら
今度は書類作成です。

これが本当に複雑で、
完全に自力でやるのはほぼ不可能です。。
なんでこんなに複雑なのかな。。

個人事業主の場合は
自力でやることも可能ですが、
法人の場合は複雑すぎて
とても自力でやることは不可能です。

普通は税理士に依頼するのですが、
決算だけの対応でも10万〜数十万かかります。
まだまだ売上が少ないうちでは
とてもお願いする余裕はありません。。

全力法人税

色々と調べてみたら、
会計ソフトのデータを読み込むことで
申告書類を作成してくれる
全力法人税
というサービスがあることを発見!

自分でできる!法人税申告書作成ソフト「全力法人税」
元国税調査官が提供するクラウド型法人税申告書作成ソフト。小規模企業向けに必要な機能だけに絞り込んだ極限までにシンプルでかんたんな法人税申告ソフト。専門知識がなくても誰でもできる唯一の税務ソフト。 地方税の申告に対応。税理士に頼まなくても一人で申告書ができてしまいます。地方税の電子申告eLTAXに対応。

こちらは、初年度は2万円、
次年度からは1万円というコストはかかりますが、
1日〜2日あれば申告書類の作成が可能になります。

本を買って自力でやることも考えましたが、
これ以上本業が止まってしまうのは得策ではないと考え、
思い切ってこちらを使うことにしました。

Freeeの会計データを全力法人税にインポートし、
基本的な情報を入力すると
見事に申告書類を作成してくれました。

使って良かったこと

今回、全力法人税を使って良かったと思ったことがありました。
一度申告書類をPDFで出してみてから、
会計ソフトの情報を修正しなければならない箇所がわかり、
手戻りが発生したのです。

これ、もし手書きで作っていたとしたら、
膨大な手間がかかっていたことでしょう。

書類完成

なんとか書類が完成しました!
1ヶ月くらいはこの作業に没頭してたかな。。
ある程度の余裕を残して終えることができました。

とりあえず、会計ソフトへの入力は
毎日か、せめて毎週くらいはやっておくことにします。。

新しい時代を生き抜く“わたしビジネス”無料メール講座 登録はこちら
           
家族 最近のお仕事
まっしゅルーム