踏切につかまった時、どう感じるか?

家族

こんにちは、まっしゅです。

先日、息子と近所を散歩していた時のお話。

踏切につかまりそう…

我が家の近くは、路面電車(大阪人は「チン電」と呼んでます)が走ってます。
南北の移動に結構便利だったりします。

我が家から地下鉄の駅に向かう時、このチン電の踏切を越えるんですね。
チン電は本数が少ないのですが、歩いているとたまに踏切につかまることがあります。

急いでいるときに踏切につかまると、つい
「ち!ついてねぇ!」
と思ってしまうのですが、先日息子と散歩しているときに踏切が鳴って、走れば閉まる前に渡れそうだったので走ろうとしたら、

ヒデ坊
ヒデ坊

「ちんちん電車見たい!止まる!」

と言って、わざわざ止まりました。

息子は、新幹線・電車・車・働く車・自転車と、タイヤがついてるものは何でも大好きです。
当然チン電も大好き。少しでも見たいと思うようで、閉まってもいない踏切を通る時も、

ヒデ坊
ヒデ坊

「もうすぐ電車来るかもしれないから、待っとく」

と、立ち止まりそうになります。
(左右を見渡しても、電車は全然来る気配はありませんw)

捉え方によって、感じ方が変わる

同じ、「踏切につかまる」という出来事も、
大人にしてみれば「ついてない」と感じてしまうところが、
息子にとっては「らっきー!!」なんです。

捉え方によって、真逆の感じ方があるんだなーと、深いような深くないようなお話でした。

新しい時代を生き抜く“わたしビジネス”無料メール講座 登録はこちら
           
家族
まっしゅルーム