ホームページを運用するために絶対必要な○○という考え方

ワードプレス

こんにちは、まっしゅです。

今日は、
・これからブログやホームページを運営していく人
や、
・今ホームページを運営しているけど、イマイチ成果が出ていない
という人向けに、ホームページを運営していく上で超重要なお話をしたいと思います。

 

結論:目的(ゴール)を明確にせよ!

ホームページを運営していくために、絶対に必要な考え方があります。
出し惜しみせずに結論をお話すると、それは

 ホームページの目的・ゴール

です。

企業のホームページを例に考えてもらいたいんですけど、例えばネットで商品を販売しているECサイトなら、商品を選んで買い物かごに入れて…と、サイトをあちこち回った後で、「購入」ボタンを押してもらうのがゴールですよね。

いくらたくさんの商品を閲覧してもらっても、いくら買い物かごにたくさん商品を入れてもらっても、「購入」ボタンを押してもらわないと、意味がないわけです。

ECサイトだけではなく、サービス業やBtoBでも同じで、ホームページのゴールはあります。
考えられるのは、「お問い合わせ」ですね。
自分の会社の製品やサービスを知ってもらった上で、お問い合わせの「送信」ボタンを押してもらうことで、その人に直接商談に持っていくきっかけにしたり、セミナーや講師をしている方であれば、「申し込み」ボタンがゴールになったりします。

この「ホームページのゴール」のことを、Webマーケティングの世界では
「コンバージョン」
という名前がついています。
詳しくはこちら

CVアップを目指す時に見落としがちな◯◯という視点 | まっしゅルーム
こんにちは、まっしゅです。 今日のお話は、 ・ホームページの運用が進んで、PVも伸びてきているけど、なぜかコンバージョンが伸びない というお悩みが解決するかもしれませんw Webマーケティングの知識を使って自分のホームページを改善していく時に見落としがちな視点についてお話したいと思います。 事例 自分のホームページを見...

自分のホームページのゴールは?

ここで自分のサイトに置き換えて考えてみてください。
「自分のホームページのゴールは何?」
という目的が、はっきりしているでしょうか?

この考え方が抜けていると、プロフィールはめちゃめちゃ充実しているのに、「面白い人やな〜」という感想だけ持たれて、閉じるボタン(もしくは戻るボタン)押されて、せっかく自分のサイトに来てもらったのに、「離脱」という悲しいことになってしまいます。

「メルマガに登録してもらって、さらに自分のことを知ってもらいたい」というゴールなら、プロフィールを読み終わった時に「メルマガでさらに深い話をしています!」という案内と共に、メルマガ登録ボタンをスムーズに押してもらうように配置しましょう。

「お問い合わせ」が欲しいなら、「私への連絡はこちらから!」という案内と共に、お問い合わせページに誘導しましょう。

Instagramが自分のメインコンテンツなら、Instagramフォローボタンを配置して、スムーズにフォローしてもらいましょう。

目的を持ったサイト作り

自分の「ホームページの目的」を明確にして、それを達成するようなサイト作りを考えて行けば、自然とそういうサイトになっていきます。
その「目的達成の意思」がちゃんとあるようなサイト設計をしていただければと思います。

今日は、以上です。

新しい時代を生き抜く“わたしビジネス”無料メール講座 登録はこちら
           
ワードプレス 情報発信ビジネス
まっしゅルーム