「おしっこちょっぴりもれたろう」

家族

こんにちは、まっしゅです。

我が家の愛する息子・ヒデ坊は、絵本が大好きです。
4歳になった今は、ほっといたら一人で長い本を黙々と読んでいます。
(たまに鼻歌を歌いながら読んでいて、どういう頭の働きをしているのか不思議でならないですが)

今日は、そんなヒデ坊が気に入った絵本をご紹介します。

 

おしっこちょっぴりもれたろう

「おしっこちょっぴりもれたろう」(ヨシタケシンスケ)


Amazonリンク

ヨシタケシンスケさんの絵本は、マジでハズレがありません。
もう全部おもしろいです。

 

「おもらし」と言わずに…

この「おしっこちょっぴりもれたろう」を読んでから、我が家では
・おもらし
・おねしょ
とは言わずに、
もれたろう
と言います。

朝起きでおねしょしてしまったら、

そのこ
そのこ

「あ~今日はもれたろうになっちゃったねぇ~」

寝る前には、

まっしゅ
まっしゅ

「もれたろうにならないように、おしっこしてから寝ようね~」

という感じです。

おねしょとかおもらしとか言うと、子供ながらに罪悪感を感じるようで、ちょっとネガティブな雰囲気になってしまってたんです。
それが、この「もれたろう」という言葉を使うと、なんとなく和らぐというか、ぷぷっとしてしまうんですね。

ほんとちょっとした言い回しかもしれませんが、そういうの、大事にしていきたいです。

新しい時代を生き抜く“わたしビジネス”無料メール講座 登録はこちら
           
家族
まっしゅルーム