1日目:ビジネスの超基礎

こんにちは、まっしゅです。

今日から始まりました、まっしゅのビジネス講座。
まず最初に、根っこの部分のお話をしたいと思います。

「ビジネス」とは

個人に限らず、ビジネスをやっていく上で絶対に知っておかなければならない、
そもそも「ビジネス」って何?
ということ。

一言で表すとしたら、何になるでしょうか??

言葉の意味だけで言えば、

  • 仕事
  • 商売
  • 職業
  • お金儲け

などなど。

 

でも、ここで理解して欲しいのは、本質的な意味です。

本質的な部分を理解しておくのとそうでないのとでは、
今後の取り組みに大きな差が出てきます。
何か詰まったときに、立ち返ることができるのが、
本質的な部分になりますからね。

もちろん、いろいろな表現ができると思いますが、
少なくとも僕が「これだ!」と考えているのは、

お客さんのお困りごとを解決する

ということです。

僕らがお金を払う時

僕らが、モノやコトにお金を払う時というのは、
必ず何かしらの困りごとを解決するためです。

お腹がすいた
という困りごとを解決するために
食べ物を買う
お店に食べにいく

知らない知識がある
という困りごとを解決するために
本を買う
情報を買う

部屋が汚い
という困りごとを解決するために
掃除機を買う
ハウスクリーニングを入れる

子供が勉強が苦手
という困りごとを解決するために
学習塾に通う
ベネ○セを始める

これが企業になれば、

会社の会計管理ができていない
という困りごとを解決するために
会計ソフトを買う

社内のコミュニケーションが足りない
という困りごとを解決するために
チャットツールを導入する

顧客管理ができていない
という困りごとを解決するために
CRM(カスタマーリレーションマネジメント)ツールを導入する

と言った具合に、
個人でも企業でも
すべてのビジネスは

お客さんのお困りごとを解決する

という考え方が、ビジネスの根幹であり、すべてです。

ということは、僕らがこれからビジネスを始めていく上でも、
何かしらお客さんのお困りごとを解決してあげるコトやモノを提供できれば
それはビジネスになるということです。

逆に言うと、
お客さんが「自分の困りごとがこれで解決できる」と思えなければ、
どんなに自分では素晴らしいモノやコトだと思っていても、
ビジネスにはならないということですね。

ビフォーアフター

もう少し掘り下げて考えてみると、
「困っている状態」から「解決した状態」への
変化に対してお金を払っている
ということです。

要は
お客さんがビフォーアフターをイメージできるかどうか
ということです。

マーケティングの入門書で、
「ドリルを売るには穴を売れ」
という本が有名ですが、
お客さんはドリル自体が欲しいわけではなく、
穴を開けたいわけです。

ところが、自分のビジネスを考える時に、
めっちゃいいドリルを作ることばかり考えて、
お客さんが穴を開けたがっているという
そもそもの所を見落としてしまっていることが
実は多かったりします。

自分が提供しているサービスが思うように売れなかったり、
新しいビジネスを考えようとしたりする時には、
ぜひこの基本の考え方に立ち返って欲しいと思います。

おさらい

今日のポイントは、

ビジネスとは、お客さんのお困りごとを解決する
お客さんのビフォーアフターを意識する

でした!


質問、疑問、わからないことがありましたら、
info@mashup76.com
まで、お気軽に、雑にメールください。

また、学んだことを
アウトプットすることは、
自分が理解するためにめちゃめちゃ重要です。
ぜひご自分のSNSにシェアしたり、
周りの人に教えてあげてください!

まっしゅアップメール講座登録はこちら
まっしゅルーム