新しい時代の理想的なビジネスとは

こんにちは、まっしゅです。

 

いつものように、音声でもお送りしています。
イケボ希望(笑)の方はこちらからどうぞ!

 

今日までお送りしてきたメールで、

・ビジネスの【考え方】
・個人でビジネスをやっていくために必要な【マインド】
・個人ビジネスの【ビジネスモデル】
・【お金】の考え方

についてお話をしてきました。

 

ここまでで、
“個人で構築していくビジネス”というものの
概念・全体像
が、見えてきたと思います。

 

物事を理解する時に

抽象度の高いところ→低いところ

という順番で学ぶと、
ものすごく効率よく理解ができるので
先に概念・考え方のお話をしてきたんですね。

 

で、
今日からはいよいよ具体的な
稼ぎ方
働き方
についての
お話をしていきます。

これまでのおさらい

まずは、ここまでのお話の
おさらいをしておきます。

「ビジネスモデル」のお話の時に僕がした、
稼げるビジネスの4つの条件、
覚えてるでしょうか?

 

 

・在庫を持つ必要がない
・ランニングコストが低い(もしくはかからない)
・初期費用が低い(もしくはかからない)
・利益率が高い

の4つでしたね。

 

で、この4つの条件を満たしつつ、
個人でビジネスをやっていくための
ビジネスモデル5つとして、

・転売(せどり)
・講師系サービス(コンサルティング)
・情報販売
・コミュニティ運営
・業務委託

があるということ。

 

さらに、
「これらを上手に組み合わせていくことで、
効率よく、かつ堅実に稼いでいけるよ!」

というお話をしてきました。

 

新しい時代の理想的なビジネスとは

では、
これらの条件を満たす
最も効率のいいビジネスって、
何があるの?

というお話なんですが。

 

もうさっさと結論を言います笑

それは、

“インターネットを使った情報発信ビジネス”

なんです。

 

初めて聞くと、
イメージがつきにくいかもしれないんですが、
簡単に言うと、

「人に価値を与えられる知識・スキル・情報」を
伝えたり、教えたりすることによって
収益を得るビジネスです。

 

このビジネス自体は、
10年以上前から存在はしていて、

様々な情報をまとめる「Neverまとめ」
(2020年9月にサービス終了)とか、
どんなレシピでも調べられる「クックパッド」とか、
最近では「YouTuber」も
情報発信ビジネスの型の一つですね。

これらは、
情報・知識・スキル・体験
という無形商材を商品として売っています。

マネタイズ(収益化)の方法は様々ですけどね。

情報発信ビジネスを検証してみる

この情報発信ビジネスを、

“稼げるビジネスの4つの条件”
・在庫を持つ必要がない
・ランニングコストが低い(もしくはかからない)
・初期費用が低い(もしくはかからない)
・利益率が高い

と照らし合わせて考えてみたいと思います。

 

まず、
このビジネスは、
「情報」が商品なので、
在庫はありません。

また、
リアルの店舗やオフィスを持っているわけではないので、
家賃・光熱費などのランニングコストがかかりません。

Webサイトを設置するための
サーバー代はかかりますが、
月1000円程度なので、
ビジネスとしてはゼロに近いです。

初期費用という意味では、パソコン1台があれば、
FacebookやTwitter、YouTubeといった
メディアを使って情報発信していけるので、
もしパソコンを持っていれば、
ビジネスとしての初期費用は0円です。

また、情報が商品なので、
在庫どころか原価もかかりませんから、
利益率は100%です。

 

そうなんです。
見事に4つの条件を満たしているんですね。

 

誰に何を教えたらいい?

では次に、
“人に教えられる知識やスキル・情報を商材にする”
と言いましたが、
「自分には、人に教えて稼げるような
特別な経験やスキルがない」
と思うかもしれないですね。

 

これも、インターネットという世界だからこそ、
解決するんです。

僕らは、
今までの人生で
色々な経験をしてきました。

その中で、
少なからず
ハマったものとか
人よりできたこと
というものが
あったはずです。

そして
それは決して最初からできていたわけではなくて、
自分ができるようになりたいから、
色々と調べたり、自分で試行錯誤したりして
いつの間にか、人よりもできていたり、
さらにハマっていったり
したはずです。

その
色々と調べたこと
試行錯誤したことというのは、
それを知ったり身に着ける前の自分にとっては、
めちゃめちゃ有益な情報ですよね。

そして、
インターネットの世界には
1億人以上の人がいるので、
過去の自分と同じ悩みを抱えている人、
つまりは、
今の自分が持っている情報を欲しがっている人が
必ずいるということです。

しかも、
パイ(母数)が1億人ですから、
どれほどニッチなジャンルだったとしても
集まれば相当数になります。

その人たち向けに
自分の持っている情報を発信していけば
その人たちに価値提供をすることは
必ずできるんです。

前回のメールで、

「お金はエネルギー循環である」
「まずエネルギーを出す必要がある」
「最初のエネルギー循環は、価値提供から」

というお話をしました。

インターネットを使って
情報発信をしていくことで
まだ見ぬお客さんへの
価値提供をしていくことができる
ということなんですね。

 

まとめ

今日は、
これまでのメール講座でお話をしてきた内容の
一旦のゴールとして、
「新しい時代のビジネスは、情報発信ビジネスである」
という、
一つの結論をお話しました。

次回からは、
「自分のこれまでの人生を
どうビジネスに繋げていくか」
という、
核心の部分に入っていきます。

僕も気合を入れてお話をしていきますので、
よろしくお願いします!!

 

ここからが大事になってきますので、
今日までお話してきた中で
今のうちに復習しておく意味でも、
質問・疑問・感想など、
シェアしていただければと思います!

 

info@mashup76.com

今日は、以上です。

まっしゅアップメール講座登録はこちら
まっしゅルーム